Wordpresでブログを作ろう!

ブログブログの作り方

WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)とはブログを構築するソフトです。

アメブロでは「アメブロが作ってくれたシステム」を借りて、ブログを書いています。
Wordpressは、そのシステムを自分で構築できるソフトです。
誰でも無料で使えます。

WordPressを簡単に構築する方法

ネットが苦手という人にもわかりやすく説明します。
順番にやってくださいね。

どうしても無理!という人はWordpres代行サービスを販売しています。
ぜひご利用ください。

ワードプレス作成代行サービス
ワードプレスサイトの作成を代行するサービスです。 購入後はPDFデータがダウンロードできるようになるので、そこに書いてある手順に従い進んでください このサービスは以下の手順で進行します。 ①お客様側で「ドメインの取得契約」「レンタルサーバーの契約」「Gmailアカウントの取得」の3点を行って頂きます。(手順は詳し...

Wordpres設置のために必要なもの

「レンタルサーバー」と「ドメイン」の2つをはじめに準備します。

  • ネット上の土地=レンタルサーバー
  • ネット上の住所=ドメイン

と思っておいてください。

WordPressブログをつくるための手順

  • レンタルサーバーを契約する
  • ドメインを取得する
  • サーバーとドメインを紐づける
  • WordPressのソフトをインストールする
  • ブログの基本設定をする

1.レンタルサーバーを契約する

レンタルサーバーの種類

色々な種類がありますが、ここではエックスサーバー(XSERVER)で説明します。

エックスサーバー公式ページ

エックスサーバー(XSERVER)がいい理由

  • 操作画面がシンプルで使いやすい
  • 低額でサーバーが安定している
  • WordPressソフトを自動でインストールすることができる
  • 自動バックアップ機能がある。
  • メールでサポートをいつでもしてくれる。

XSERVER(エックスサーバー)に申し込む

エックスサーバー公式ページの右下にある「サーバー無料お試し」の「お申し込みはこちら」ボタンを押してください。

 

「新規お申込み」を選択。

 

「お申し込みフォーム」に必要事項を記入。

 

  • 「サーバーID」は、なんでもいいですが、誕生日とかの個人情報にするのはやめてください!
  • プラン「X10」を選択します。

 

「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」を確認したら、
チェックマークを付けて、「申込内容の確認」ボタンを押します。

 

「お申込みをする」ボタンをクリックします。※間違ってないかを確認してくださいね!

 

これで申し込みは完了しました!

メールからアカウント情報を確認する

申し込み後、メールが届きます。
エックスサーバーの重要なアカウント情報が記載されていますので、無くさないでくださいね!

補足:エックスサーバーには2種類のアカウントがある

エックスサーバーには、ユーザーアカウントとサーバーアカウントの2種類があります。

  1. ユーザーアカウント(インフォパネル)→登録情報の管理、料金の支払い
  2. サーバーアカウント(サーバーパネル)→サーバー自体の操作

料金を支払う

サーバーの料金を支払うには、「ユーザーアカウント情報」のIDとパスワードを使って、
エックスサーバーのインフォパネルにアクセスしてください。

 

エックスサーバーのインフォパネル

こちらがインフォパネルの画面です。

左の「決済関連」の下にある「料金のお支払い/請求書発行」を選択。

 

画面をスクロールして、契約したサーバー情報を表示します。

チェックマークを入れて、更新期間を選択してください。
「お支払方法を選択する」ボタンを押すと、支払い画面に移動します。
お好きな支払い方法を選んでください。
これで、料金の支払いは完了です。

2.ドメインを取得する

次は「ドメイン」を取得します。

今回は、「お名前.com」でドメインを取得したいと思います。

ドメインを決める

まずは、お名前.com公式ページにアクセス!

ここで、使いたい文字を打って、検索ボタンをクリックしてみます。
例えば「aiueo」で検索してみます。

 

お名前ドットコム


検索結果が出ました。「×」があるのは使えません。お好きなのを選んでください。

 


チェックマークを入れて、「お申し込みに進む」ボタンをクリックします。


登録年数は1年登録でいいです。
また、「ドメインのオプションサービス」は申し込まないでもOK。


「初めてご利用の方」にチェックを入れ、メールアドレスを入力。
パスワードを決めて、「次へ」をクリック。


会員情報を記入します。


支払い情報を記入して申し込みます。


申し込みが完了しました!

メールで「情報認証」をする

登録後、【重要】[お名前.com] 新規登録ドメイン 情報認証のお願いのメールが来ています。

記載されているメールアドレスをクリックして、登録者情報が正しいことを確認してください。

3.サーバーとドメインを紐づけする

サーバーとドメインが手に入りましたので、
これからドメインをサーバーに登録します。

お名前.comでネームサーバーの変更をする

まず、お名前.com Naviにいきます。

IDとパスワードでログインします。


上部の「ドメイン」を選択。


ドメインのページで、「ネームサーバー」をクリック。


次に「2.ネームサーバーの選択」の下にある「その他」のタブをクリック。


「その他のネームサーバーを使う」にチェックを入れます。


そして、「+」マークを2度クリックしてください。


すると、以下のように、3つしかなかった記入欄が5つに増えます。

ここにデータを記入していきます。


記入するデータはこちら。

ネームサーバー1ns1.xserver.jp
ネームサーバー2ns2.xserver.jp
ネームサーバー3ns3.xserver.jp
ネームサーバー4ns4.xserver.jp
ネームサーバー5ns5.xserver.jp

以下のようになればOKです。「確認」ボタンをクリックしましょう。


「設定」ボタンをクリック。


「ネームサーバーの変更 完了」の表示が出ます。


申し込みが完了したら数分後には
[お名前.com]ネームサーバー情報変更 完了通知というメールが届きます。

データが「反映完了まで、24時間から72時間程度かかります」とありますが、
通常は1~2時間程度で反映されます。

ドメインをエックスサーバーに設定する

次はドメインをサーバーに登録します。

「サーバーパネル」からログインします。

サーバーパネルには以下の情報を使ってログインします。

「ドメイン」の下の「ドメイン設定」を選択。


「ドメイン設定」で、「ドメイン設定追加」タブを選択します。

お名前.comで取得したドメイン名を記入。

「無料独自SSLを利用する」、「高速化・アクセス数拡張機能・・・」にチェックを入れ、
「確認画面に進む」をクリック。


「追加する」ボタンをクリックします。


ドメインの設定に成功したら、このような設定内容の画面が表示されます。

もし、うまくいかない場合は、ネームサーバーが反映されていない可能性が高いです。
もう少し待ってから再度試してみてください。

ドメイン設定後、データが反映されるまで1時間くらいかかります。

5.WordPressのインストール

設定したドメインにWordPressソフトをインストールします。

サイドバーの下部から、「WordPress簡単インストール」を見つけて選択します。


登録したドメインを選択→「WordPress簡単インストール」の画面で、
「WordPressインストール」タブをクリックします。

こちらの画面で必要なデータを記入していきます。

サイトURL

変更する必要はありません。

ブログ名

ブログタイトルは適当でもOKです。後で変更できます。

ユーザー名

半角英数字で作成します。ログイン時に利用します。

パスワード

半角英数字(7文字以上、16文字以内)と記号で作成します。ログイン時に利用します。

メールアドレス

通常メールを受け取れるアドレスを使用します。

キャッシュ自動削除

「ONにする」のままでOK。

データベース

「自動でデータベースを生成する」のまま

 

記入が完了したら、「確認画面に進む」ボタンをクリック→インストールする

 

インストール完了すると以下の画面が表示されます。

ログインの際に必要になるので忘れずに記録しておきましょう。

WordPressのデータは即座に反映されるわけではないので、30分ほどかかります。

6.WordPressの基本設定

ブログのダッシュボードにログインする

作成したブログのダッシュボード(管理画面)にログインしてみましょう。

ダッシュボードのログインアドレスはインストール後に表示された

http://(ブログドメイン)/wp-admin/

を使ってください。

 

ユーザー名かメールアドレス、パスワードを記入して「ログイン」ボタンをクリック。

 

こちらがダッシュボードです。

一般設定の変更

左側のサイドバーから「設定」→「一般」を選択。

 

一般設定画面で変更するのは赤で囲った部分です。

サイトのタイトル

サイトのタイトルは自由に変更できます。もちろんそのままでも構いません。

キャッチフレーズ

こちらは、あらかじめ入っている文字列を消して、空欄にしておいてください。

WordPress アドレス (URL)

「http」で始めるアドレスに「s」を追加して、「https://~」とします。

サイトアドレス (URL)

同様に、「http」で始めるアドレスに「s」を追加して、「https://~」とします。

 

以下のようになればOKです。

ページの下部にある「変更を保存」ボタンをクリック。

 

保存するといったんログアウトするので、再度ログインしてください。

 

ログインしたら、URLに注目してください。

以下の画像の様に、カギマークの後に「https://~」となっていれば成功です。

 

http→httpsの意味:SSL化について

URLがhttpから始まるWebページはセキュリティ的に弱いので、
それを改善するために「SSL/TLS」という技術が導入され、セキュリティが強化されました。
これを「SSL化」と呼びます。

「SSL化」されたページは、「https」から始まるURLに変更されます。

エックスサーバーでは、ドメインを登録した時点で「SSL化」がされていますので、
今後は https://(ブログドメイン)/wp-admin で、ログインしてください。

SSL化のためのリダイレクト設定

次に、「http://(ブログドメイン)」でアクセスした場合も、「https://(ブログドメイン)」へと転送(リダイレクト)されるように設定を行います。

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインしてください。

 

「ホームページ」→「.htaccess編集」を選択。

 

該当するドメインを選択したら、「.htaccess編集」タブをクリック。

 

以下の記述をコピー

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

表示された欄の先頭に貼り付けてください。


先頭に貼り付けると以下のようになります。

 追加の文字列は先頭に入れてください。
「確認画面に進む」を選択し、「実行」をクリックします。

編集はこれで完了です。

7.デザインテーマをインストールしよう!

最後にデザインテーマをインストールしましょう!
ワードプレスでは、様々なテーマがあります。無料テーマと有料テーマがあります。
私的には「コクーン」が好きです。

コクーンは親テーマと子テーマをインストールします。
その後、Wordpresの「外観」→「テーマ」をクリックし、上部の「新規追加」をクリック。
親テーマと子テーマを両方追加したら、「有効化」を押してください。

おわりに

これで、WordPressブログは完成です。参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました