既婚者同士の恋愛が辛いのはあなたの○○が原因!?3つの解決法と注意点

既婚者同士 恋愛 不倫恋愛

既婚者同士の恋愛が辛いのはあなたの○○が原因!?3つの解決法と注意点

既婚者同士 恋愛 不倫

「誰にも言えない恋愛」と聞くと、どんなものが思い浮かびますか?

 

ほとんどの人は既婚者同士の恋愛を想像すると思います。世間では「不倫」といわれるその恋は、ほとんどが叶うことなく悲しい結末を迎えるんです。。

 

「両想いなのになんでこんなに辛いんだろう」なんて終わりの見えない現実に、思い悩む人も多いのではないですか?

 

そんな既婚者同士の恋愛を「辛い」と思っている人にはある共通点があって、その恋愛の諦め方もあるんです。

 

そして「絶対にこの恋愛を叶えたい!」と思っている人は注意が必要です。。これを知って今後のあなたの人生を左右する、正しい選択をしましょう。

 

 

スポンサーリンク

既婚者同士の恋愛にはまりやすい人の特徴とは?

既婚者同士 恋愛 不倫

既婚者同士の恋愛ときくと、「お互いに家庭を持ちながら、別の人に恋愛感情を抱くなんて..」と悪いイメージを持たれがちです。

 

そんな祝福されない恋愛でも、誰にも相談できない事が辛い、この恋は叶わないのかな、なんて「辛い」と感じつつも、のめりこんでしまう人がいます。

 

でもそれに反して、お互い割り切ってその恋愛を楽しんでいる人もいるんですよ。

 

では既婚者同士の恋愛に、のめり込みやすい人はどんな人でしょうか。その特徴は3つあります。

 

・家庭での愛情不足で寂しがりな人
・恋愛体質でパワーが有り余っている人
・恋愛経験が少ない人、押しに弱い人

 

これに当てはまる人は、依存体質で不毛な恋愛だったとしても、めりこみやすく注意が必要です。。

 

「既婚者同士の恋愛」辛さを解決する3つの方法とは?

既婚者同士 恋愛 不倫

既婚者同士の恋愛が辛いのは、その人の寂しがりな性格やそれまでの恋愛経験が、大きく影響します。

 

そして厳しいようですが、既婚者同士の恋愛に幸せなゴールはありません。

 

もしもあなたが幸せになりたいなら、この恋愛は諦める努力をすることをおすすめします。

 

「そんな簡単に諦められない」という気持ちもあって当然ですが、そんな時はこの3つの方法を試してみてください。

 

今までその恋愛に後ろめたさと辛さを感じていた人なら、必ず浄化されていくことでしょう。

 

会えない環境を作る

会う頻度を減らしていく。そして最終的には連絡先を消すなどして、物理的に会えない環境を作っていく方法。少々荒療治ですが、優柔不断な人には手っ取り早くておすすめです。

 

誰かに打ち明ける

友人などの身近な人に相談することで、自分の現状を再認識でき、罪悪感も沸いて「諦めなきゃ!」という思いから、その恋愛にも踏ん切りがつくはずです。

 

他に夢中になれるものを見つける

恋愛以外に何か夢中になれるものを見つけて、新しい環境を整えることが効果的です。そしてこの機会に自分と向き合って、家庭のために尽くす時間を大切にしましょう。

 

 

ハッピーエンドはやってこない!?既婚者同士の恋愛の注意点とは?

既婚者同士 恋愛 不倫

ここまで聞いても「やっぱりこの恋愛を叶えたい」と思っているあなたへ。

 

相当な覚悟を持ってその恋愛を続けたいと思っているなら、その後のリスクと注意点を知っておく必要があります。

 

・慰謝料を請求されるリスク

相手の結婚相手にばれてしまい離婚に至った場合、200万~300万の慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

 

・相手が本気じゃなかった時

相手は遊びだったと知った時に傷つくのはあなたです。相手に意思確認をして今後について話し合いましょう。

 

・自分の結婚相手にばれた時

この場合、間違いなく今までの関係ではいられません。離婚に至った場合最悪、家や子供を失ってしまう可能性があります。

 

まとめ

 

既婚者同士の恋愛では、お互いが割り切っていない限り、どちらかが極端にのめりこんでしまうなどして、不幸な結果に終わってしまう可能性が高いです。

 

そしてそれだけではなく、相手の家庭を傷つける行為をしていて、結果自分の家庭も破綻してしまうでしょう。

 

そうならないためにも一刻も早く、その恋愛を断ち切って自分の人生と向き合ってください。

 

解決方法は人それぞれですが、仕事を始めて忙しくしたり、連絡先を消すなど物理的に会えない環境を作る事が効果的ですよ。

 

何度も言いますが、その恋愛にゴールはありません。

自分の弱さと向き合って、しっかり前を向きましょう。

 

今回の記事は参考になりましたか?

 

個人セッション依頼はこちらから☟
ボタン
タイトルとURLをコピーしました