タロットでワークをしてみよう!

タロットタロット解説

タロットでワークをしてみよう!

ワークをするときに、確認したいポイントは3つ!

鑑定文の文字数は足りているか?
日本語がおかしくなってないか?
自分への課題と対策がちゃんとできているか?

文字数は足りているか?

最低1500文字以上は書こう!

鑑定文は、1500文字くらいを目安に書きましょう。
シンプルな占いの場合は750文字くらいで書きましょう。

文字数ボリュームを増やす方法

1.気配りの言葉を入れる。

いきなり鑑定結果を伝えるのではなく、まず始めに気配りの言葉を入れましょう。
以下が例文です。

この度は占い依頼をいただき、ありがとうございます。
今回はワンオラクルで明日の運勢を診断させていただきました!
今回出たカードは・・・・

2.理由をきちんと説明する

文字数ボリュームが少なくなってしまう人は、説明不足な場合が多いです。

お客様の多くは、タロットカードの知識はないので、きちんと「愚者は自由を意味するカードです。」と説明するようにしてください。

きちんと理由が説明されていると、伝わりやすい文章になります。

3.具体例を書く

鑑定結果には、なるべく「具体例」を入れるよう心がけてみましょう。

4.例え話を入れる

これは、アドバイスカードなどを引いた際に有効なテクニックです。

「例え話」として入れるものは、自分の体験談でなくとも、アニメや漫画のエピソードでもなんでもいいです。

5.アクションを提案する。

占い結果をもとに「こんな事をするといいよ!」というのを提案するようにしましょう。

「具体的なアクション提案」まできちんと入れるようにすると、満足度の高い文章が作りやすいです。

なお、なるべく「簡単にできること」「すぐ実行できること」を提案するようにしましょう。

6.終わりの文にも、お客様への気遣いを

鑑定文の最後に「応援の言葉」などがあるといいですね。

私はいつでもあなたの味方です。また迷うことがあればいつでも相談にいらしてくださいね。

など・・・

こういう一言をきちんと添えることで、しっかりとした鑑定文を作ることができます。

日本語がおかしくなってないか

鑑定文ができたら、内容を見返し、文章を整理しましょう。

「日本語の文章としておかしくなっていないか」
「きちんと読みやすい文章になっているか」
などを確認しましょう。

①鑑定文を作る時は、「まず相談者の質問に答える」ことを徹底しましょう。

例えば「この恋はこれからどうなりますか?」と聞いているのに、「過去のあなたは○○で…」と回答するのは、日本語の会話として成立していません。

②お客様に伝わりやすくするにはどうすればいいかを考えて書こう!

自分への課題と対策のとり方

最後に、「課題と対策をまとめるときの注意点」を解説します。

「課題」はできる限り細かく認識する

自分への課題を設定するときは、なるべく細かい言葉で表現するようにしてください。

正確な言葉で認識しなければ、自分の現状を正しく理解することができないので、
なるべく正確な表現をするよう心がけてみてください。

客観的な事実を書く

課題には「客観的な事実だけ」を書くようにし、「自分の解釈」を書くのはやめましょう。

そうでないと「正しい対策」を行うことができないからです。

具体的な対策をたてよう!

「対策」を書くときは、なるべく具体的に書きましょう。

もっと勉強します、気を付けます。とかでは、対策になっていません。

  • 何のためにするのか
  • 何をするのか
  • ゴールを決める
  • いつまでにゴールするか決める

を明確にしてみましょう。

そうすると、質の高い対策をとることができます。

タイトルとURLをコピーしました