タロット占いの基本

タロットタロット解説

タロットの基本

タロットとは?

タロットとは、78枚のカードによって構成されるカードセットのことです。

タロットカードの構成

タロットカードは、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚、計78枚から構成されています。

大アルカナ

f:id:noabooon:20170925152253p:plain

小アルカナ

小アルカナは、ワンド・ソード・カップ・ペンタクルという4つのスートに分かれています。
4つのスートは、1~10までの数札と、ペイジ・ナイト・クイーン・キングなどの「コートカード」に分かれます。
f:id:noabooon:20170924183242p:plain
by「いちばんやさしいタロットリーディングの教科書」より

タロット占いのやり方

1.問いを立てる

まず、タロットに何を聞くかを明確にします。
タロット占いは、最初に「何を聞くか」をはっきりしておかないといけません。

2.カードをシャッフルする。

次にカードをシャッフルします。
シャッフル方法にはとくにルールは無いですが、有名なものを紹介します。

ヒンズーシャッフル

右手に持ったデッキの上の部分を前方に動かして右手から左手に移し取る。
続いて右手に残ったパケットの上の部分を左手のパケットの上に移し取る。
これを繰り返します。

ローリングシャッフル

カードをテーブルの上におき、ひたすらぐしゃぐしゃとかきまわすようにシャッフルする方法です。

ディールシャッフル

テーブル上のいくつかの場所に順番に1枚ずつカードを配っていき、全てのカードを配り終えたらテーブルの上にできたいくつかのパケットを重ねて1つにまとめる。

3.カードを展開する。

シャッフルしたカードを展開します。

どう展開するかは、「スプレッド」に応じます。
スプレッドとは、カードを展開する手法のことで、古典的なものから、オリジナルのものまで色々あります。

代表的なものをいくつか紹介しますね。

ワンオラクル

問いを定めたら、カードを1枚引き、それが問いへの回答とするもっともシンプルな占い方です。

スリーカード
  1. 過去
  2. 現在
  3. 未来

と3つのポジションを定義し、それぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。

二者択一

 

  1. 現状
  2. 選択肢Aの未来
  3. 選択肢Bの未来
  4. 選択肢Aの結末
  5. 選択肢Bの結末
  6. 助言

と6つのポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。
二つの選択肢から迷っているときなどに使います。

ヘキサグラム

 

  1. 過去
  2. 現在
  3. 未来
  4. 相談者の無意識
  5. 環境
  6. 対策
  7. 核心

と7つのポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。
一つの状況に対して、より深く占うことができます。

ケルト十字

 

    • 過去
    • 現在
    • 未来
    • 障害
    • 目標
    • 原因
    • 無意識
    • 環境
    • 願望と不安
    • 総合結論

と10のポジションを定義し、そこにそれぞれ1枚ずつカードを展開し、その結果から占う手法です。

4.リーディングする

最後に、出たカードをもとに、インスピレーションでリーディングします。
リーディングするときは、以下のように思考を組み立てます。

      1. そのカードがどのポジションに出たか?
      2. そのカードのキーワードは何か?

これを基に連想して答えを導きだしていきます。

以上、タロット占いの基本的なやり方でした!

タイトルとURLをコピーしました