キーワードプランナーの使い方と競合に勝つための3つのポイント

SEO キーワードブログ運用方法・占いの集客方法

キーワードプランナーの使い方と競合に勝つための3つのポイント

SEO キーワード

集客するにあたって、検索結果ページの表示順位を上げるSEO対策は、最も重要です。今回は、SEOの強い味方となる「キーワードプランナー」の使い方と、競合に勝つための3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

キーワードプランナーとは?

SEO キーワード

キーワードプランナーとは、Googleが提供しているSEO対策のための無料のツールです。

キーワードプランナーでできること

・キーワードがどれくらい検索されているのかを調べられる
・競合が少ないキーワードを調べられる
・自分のサイトに関係のあるキーワードを確認できる
・同じ業界でよく検索されているキーワードを確認できる
・商品についてよく検索されている時期を確認できる

 

キーワードプランナーの基本的な使い方

キーワードプランナーの基本的な使い方から説明します。

こちらからGoogle AdWordsにログインし、「運用ツール」から「キーワードプランナー」を開きます。

キーワードプランナー

 

キーワードの検索ボリュームを調べる

検索ボリュームとは、一定の期間内でそのキーワードが検索された回数のことです。上位表示を獲得できたとしても、そのキーワードで検索している人がいないと、集客できません。

 

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べて、検索数が多いキーワードを調べてみましょう。

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」→「検索ボリュームと傾向を取得」を選択。

キーワードプランナー

キーワードを入力

調べたいキーワードを入力します。

ターゲットを設定

地域や調査範囲、期間を設定できます。除外したいキーワードの設定も可能です。

キーワードプランナー

ターゲットを設定後、「検索ボリュームを取得」をクリックすると結果が表示されます。

キーワードプランナー

複数キーワードで調べたい場合は「キーワード候補」をクリックします。

 

・競合性

競合性とは、キーワードに対してGoogle Adwordsで広告をだしている人がどの程度いるかを相対的に示している度合いのことです。

高・中・低の3段階で表されます。

自分のサイトに関連するキーワードを抽出した上で、その中で競合性を判断することが重要です。

・推奨入札単価

広告を出したときの1クリック当たりの費用はいくらかという基準値です。

・キーワードの関連ワードを探してみよう

関連性の強いキーワードをブラッシュアップすることは大切です。

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」→「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択。

キーワードプランナー

「宣伝する商品やサービス」にキーワードを入力し、「候補を取得」をクリックすると結果が表示されます。

キーワードプランナー

「キーワード(関連性の高い順)」に表示されているものが、入力したキーワードに関連するキーワードです。検索ボリューム・競合性なども確認できます。

「検索のカスタマイズ」→「キーワードオプション」を選択すると、入力したキーワードを含んだ、関連ワードのみ表示されます。

・複数のキーワードで新しいキーワードの組み合わせを調べる

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」→「既存のキーワードを組み合わせて新しいキーワードを取得」を選択。

キーワードプランナー

下図のように組み合わせたいキーワードを入力し、「予測データを取得」をクリックすると結果がでます。

キーワードプランナー

複合キーワードの競合性・検索ボリュームなどを確認でき、SEOのキーワード選定に役立ちます。

キーワードプランナー

なぜ競合性の低いキーワードを見つける必要があるのか

競合性が高いキーワードは成果が出にくい

競合性が高いということは、多くの広告主が競い合っていることになります。

また、多くの広告主が競い合っているキーワードは、大勢が注目しているキーワードであり、大手企業が大金を掛けてSEO対策しています。つまり、競合性が高いキーワードは上位の獲得ハードルが高いということです。

なので、競合性が低いキーワードで自分のサイトと親和性が高いキーワードで上位表示を目指した方が、より効率よく集客できるのです。

ロングテールキーワードで効率的に集客しよう!

1つのキーワードで、たくさん検索されるキーワードが「ビッグワード」、そして「ビッグワード」とそれに関連する3~4つの複合キーワードを「ロングテールキーワード」と呼びます。

ロングテールキーワードは、ビッグワードに比べて検索ボリュームは低いですが、競合性が低いため、上位表示を獲得しやすいのです。

また、ロングテールキーワードは「検索者の意図が明確」という大きなメリットがあります。
検索している人の意図をよく考えて記事を書く事で、検索した人の満足度が高まり、商品購入率も高くなります。

Webサイトにおいては、人気キーワードのアクセス数より、個々ロングテールキーワードの合計アクセス数が上回ることが多いといわれています。(ここでいうロングテールキーワードとは、検索数500以下程度のキーワードワードを指します)

個々ロングテールキーワードの合計アクセス数は、全体アクセス数の約80%になります。

競合性の低いキーワードを見つける3つのコツ

検索ボリュームのキーワードフィルタを活用

「キーワードフィルタ」を使えば、競合性が低いキーワードを洗い出せます。

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」→「検索ボリュームと傾向を取得」。
キーワードを入力して「検索ボリュームを取得」を選択します。

「検索のカスタマイズ」の欄から「キーワードフィルタ」を選択すると、フィルターをかけられます。

キーワードプランナー

そこで、「競合性」の「低」にチェックを入れれば、競合性の低いキーワードが表示されます。

キーワードプランナー

さらに検索ボリュームで絞る

競合性が低いキーワードを洗い出し、さらに平均月間検索ボリュームで絞ります。

「キーワードフィルタ」で、平均月間検索ボリューム「100〜1000」に設定します。

この数値にする理由は、検索ボリュームが丁度いいからです。

競合サイトのキーワードを見てみよう!

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」→「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択し、ランディングページ欄に競合サイトのURLを入力します。

キーワードプランナー

このようにすることで、見落としていた新たなキーワードを効率的に見つけられます。

「候補を取得」をクリックすると、色々なロングテールキーワードが表示されます。

さらに、キーワードフィルタを活用し、競合性が低く、検索ボリューム「100~1000」のキーワードに絞りましょう。

まとめ

今回は、「キーワードプランナー」の使い方と、競合に勝つための3つのポイントを紹介しました。

キーワードプランナーは使えば使うほど便利なツールです。ぜひ、キーワードプランナーを活用して、SEO対策を見直してみてください!

タイトルとURLをコピーしました