【片思い】相手を意識させる“もしかして…”って? 恋愛を成就させる3つのヒント!

恋愛

【片思い】相手を意識させる“もしかして…”って? 恋愛を成就させる3つのヒント!

片思い

「気になる人と親しくなりたい、けどきっかけがない」「好きな人はいるのに……距離が縮まらない」

片思いはつらいですよね。そこで今回は、片思いの相手と関係を進展させる方法を3つ紹介します。

恋愛が始まる前の片思いの期間。相手を思っているときは、ドキドキワクワク楽しいけれど、やっぱり進展がないとモヤモヤしていますよね。

一歩踏み出したいのに、拒否されたら怖い。今の関係が壊れるのが不安。

そんな理由から一歩踏み出せないですよね。

相手をひっそり想い続けるだけも苦しい…。

でも、少し意識を変えて行動するだけで、相手との関係が恋愛に発展する可能性があるんですよ!!

スポンサーリンク

「もしかして」の回数を増やす

知人、友達という関係から恋愛へとスムーズに発展させるには、相手に「もしかして俺のこと好きなのかな?」と思わせる行動を増やすことです。

なんの前触れもなく、いきなり「付き合ってください」などと告白をしてしまうのは、自爆の元ですから、絶対にしないでくださいね!

私も昔、友達だと思っていた男性に、突然告白された経験がありますが、私はその彼を恋愛対象見ていなかったので、困惑し検討はしましたが、やはり断るしかありませんでした。その後、友人関係も微妙になってしまいました。もしも彼が小出しに“好意”を伝えていたら結果はだいぶ違ったと思いますが。

「恋人としてアリかナシか」を時間をかけて考えさせることで、恋人になれる可能性も高くなりますし、相手の心の準備もできます。そのために、もしかして…を増やしていくことが大事なんです。

社交辞令ではなく、胸に響くことばを

学生時代、友達に「ずっと仲良しでいようね~」なんて言った経験ありませんか?

それが大人になると、仕事など、色々なしがらみがあり、そんなことを確認する事はなくなってしまいますよね。大人になると「仲良くしよう」と言われても「何か裏があるんじゃない?」と疑い深くなるからでしょうか。

でも、長くお付き合いしたいと思う人には、気持ちを素直に伝えることです。仲良くしたい思いを積極的に伝えましょう。

仲良くしたいと言われて、嫌な気持ちになる人はいません。

「今日はありがとうございました、楽しかったです。これからも仲良くしてくださいね!」とサラッと伝えてみてはいかがでしょうか。

相手からの「こちらこそ、よろしく!」などと反応があれば、一歩前進です!

最強の質問はこれだ!

片思い2

「もしかして、俺のこと好き?」と思わせる最強の質問。それが

「付き合ってる人いるんですか?」

です。

まず、興味のない人に「付き合っている人がいるか」を聞く人はいないので、聞かれたら「もしかして、自分に興味がある?」と期待したり「何でそんなこと聞くのかな?」と、疑問を持ったりするでしょう。

ストレートに言いにくい場合は

「○○さんの彼女ってどんな人ですか?」と、彼女がいると仮定して聞いてみましょう。

彼女がいて、「彼女はこんな人」と言われたら、「その彼女は幸せですね!」と、意味深発言をしてみて、彼の意識を引く事もひとつの方法ですよ。

彼女がいるからといって、がっくりしないでくださいね。

彼女がいるという情報が得られたことで、それを踏まえて次の戦略を考えることができますし、彼女がいるのか、いないのか悩む無意味な時間を過ごさなくて済みますからね。

彼女がいないなら、理想のタイプを聞いてみたりして、相手の意識をもっと引き付けてみましょう。

次の機会を自分で作ろう!

「ご飯いきましょう」「今度、ランチしません?」など、社交辞令でよく聞く言葉ですが、

気になる相手なら、すぐに行動あるのみ!

「また今度」「いつか」という反応が返ってきたら、その「いつか」を自分で作ることが必要です。

大勢で行く飲み会でもいいですので、すぐに次の機会のセッティングを!

とにかく、告白をする前に、接触の回数を増やし、「もしかして…」を増やしていくのが恋愛を成就させる秘訣です。

片思いを進展させるのは、ちょっとした何でもないようなひと言を活かすという意識をもって、積極的に行動を!

以上が片思いの相手と関係を進展させる方法です!
是非、実践してみてくださいね。

今回の記事は参考なりましたか?
まだ、解決しない場合は、占い依頼してください!
Click☟
ボタン
タイトルとURLをコピーしました