Google Search Consoleの使い方

ブログブログ運用方法・占いの集客方法

Google Search Consoleの使い方

Google Search Consoleを導入したけど、なにに役に立つかわからない方に使い方を解説します!

Google Search Consoleの設置方法はこちらから

サーチコンソールの設置・初期設定方法
サーチコンソールに登録する 「サーチコンソール」よりも先に「グーグルアナリティクス」を登録していた方が、設定が楽になるので、まだの方は先にグーグルアナリティクスの設定を先にしてから、 この先の作業をしてください。 まずサーチコンソ...

すごく簡単にいうと、Google Search Consoleは、あなたのブログを『監視、管理』してくれるサービスです。

「検索アナリティクス」のキーワードデータをみよう

一番よく見る項目です。
検索結果から発生したトラフィック(訪問数や閲覧数)のデータを見る事ができます。

まず、メニューから「検索パフォーマンス」をクリックします。

Google Search Console-02


「ページ」タブをクリックし、特定のページを選択します。

Google Search Console-3

選択したURLだけの画面になります。
そしたら、「クエリ」をクリックしてください。

Google Search Console-06

すると、このURLが「どの様なクエリ(検索キーワード)」で「何回表示」されて、「クリックされたか」が分かります。

Google Search Console-07

このデータを元に、記事はがどんなキーワードでどう評価されているかを調べて見て下さい。


キーワード別にみる時は個別のキーワードをクリック。

「CTR(検索結果でクリックされた割合)」と「平均掲載順位」が表示されます。

Google Search Consoleー08

CTR(検索結果でクリックされた割合)にも注目

CTRが高いキーワードはタイトルやディスクリプション(抜粋分)がユーザーの意図に合っている可能性が高いです。

CTRは検索順位と関係があるので、上位ほどCTRが高くでる傾向です。

CTRが20%を超えていたら、かなりCTRが高い=ユーザーの意図に合ったタイトルやディスクリプション(抜粋分)になっている。と目安として考えてください。

100位以下にお宝キーワードがあるかもしれません!

こんなつぶやきを発見しました。

Google Search Consoleでは、
ユーザーが検索して「検索結果が表示された回数」が見れます。

100位以下で表示されたキーワードは検索結果のずーっと下の方まで探しに来ているので、
ユーザーの悩みが深いキーワードだと考えられます。

こういうキーワードで記事を書くと良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました