疲れる職場の人間関係…。原因や改善策について解説!

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない人間関係

疲れる職場の人間関係…。原因や改善策について解説!

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない

「 職場の人間関係に悩んでいる… 
「 上司が合わない 
「 社風が合わない 

職場での人間関係に、悩んでいる人も多いのでないでしょうか?私もその1人です。仕事にだけ集中していたいけど、どうしても人間合う合わないがありますから
「この人と一緒に働きたくないな…」という感情が出てきてしましがちです。

自分は良かれと思ってした事でも相手には良く思われず影でひそひそ言われた経験が多くの人はある事でしょう。めんどくさいですよね…。上手く行かない人間関係にストレスも溜まって会社に行けなくなると大変です。
そうなる前に原因と改善策について理解し上手く向かい合いましょう!

職場の人間関係を良好にするためには、

正しいマインド
人間関係の知識
適切な行動
この3つのポイントを抑えましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

〇〇の法則が関係している?!

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない
人間関係は、実は、「引き寄せの効果」が少なからず関わっています。

この引き寄せの効果は、よく誤解されますが職場に意地悪な人がいたとして、それは自分が意地悪だからそんな人を引き寄せのたんだと思われがちですが、それは違います。

例えば、仲の良い友達であれば似たような人が集まるのでその考え方で合っていますが、職場の人間関係においては少し違っています。確かに同じ波動を出しているという点では同じであるかもしれません。

例えば、職場にとても意地悪な人がいたとします。その人はいつも不満を持っていて周りに当たり散らしている…。とても迷惑な人ですね。あなたは口には出さないが心の中にはいつも不満を持っている。

そうした負の感情動詞が重なり合って職場のややこしい人間関係へと発展してしまう可能性があります。

GIVEの意識を持とう

人間関係を良好にするためには与える」ことです。

「与える」というのは自分の持つもの、能力、時間などを周りに与え、貢献することです。
Give and Take」という言葉があるように、自分が与えたら、他人からももらう「互助関係」のことです。
どちらもwin-winというのが、人間関係を良好する最大のポイントです。

職場においては、まず自分から「GIVE」していくことが大事です。自分の役割だけではなく、「他に出来ることはないか」と考え、気を配ってくれる人に周囲は好印象を持ちます。

組織で働くことは、その組織の中で、自分の時間や労力を使って、貢献することが義務です。

自分から「与える」行動のNG例とOK例

自分から与えることは、そんなに難しいことではありません。少し意識を変えて行動すればOKなんです。
下記にNG例とOK例を挙げました。NG例をしていたら、すぐに変えていきましょう。

■仕事を頼まれたとき

嫌そうな顔をする
笑顔で対応する

■雑務をするとき

他の人がやってくれるのを待っている。
自分から率先してやる

このような些細なことですが、実際にできる人は少ないですよね。

自分は、何をGIVEできるのか」を常に考えて、思いやりの気持ちを行動で示していきましょう。その積み重ねが、職場であなたの大きな信頼へと繋がっていきます。

補足:GIVEとは自己犠牲ではない

GIVEを意識するあまり、自分の役割を疎かにしてしまっては本末転倒です。
自分の役割をきっちりと果たしたうえで、さらに貢献することが大切です。

コミュニケーション不足

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない
単純に、職場でのコミュニケーション不足から人間関係が悪くなる事はよくある話です。

若い世代は、人との関わりが苦手な人が多いです。なかなか話す事が上手く出来ないという人が増えてきているようです。

しかし、仕事において、話す事ができないから報告・連絡・相談は一切しないというのは言語道断です。
あなたがきちんと伝えていなかったばかりに連携が取れず後々厄介な事になってしまいます。

そうなると、周りのあなたへの信用も失ってしまい人間関係も悪化してしまいます。

そうなると本当に面倒くさい事になります。そうならないようにするにはどうしたらよいでしょう?改善策を考えていきましょう。

相手のいい所を見つける

コミュニケーションの手がかりとなるのは、「相手のいい所」を見つける所からでしょう。
ちょっと話しかけづらいな、苦手だな、と思う人でも良い所を探してみましょう。

その良い所を探すには、第三者の意見も非常に重要です。
「○○さんはとっても気が利く人だよね」という意見を聞いたとします。
そうすると、今まで自分の気づけなかった、その人の良い部分に気づけるようになるでしょう。

その人の良い所に気付くことで、意外にも人間関係も良くなっていくのです。
悪い部分よりも、良い部分を探すように心掛けてみてください。

元気に挨拶をする

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない
挨拶は、基本中の基本です!
きちんと挨拶が出来る人はビジネスにおいて周りから信用されやすいです。
「挨拶ぐらい…」と言わんばかりに華麗に挨拶をスルーする人がいますが、社会人としてあり得ない事だとしっかり認識しましょう。

挨拶をする時のポイントは、

・相手の目をしっかりと見る
・声のトーンは普段よりワントーンあげて
・笑顔もつけると更に◎

もし、普段から挨拶をしていない人がいれば是非すぐにでも実践してください。
それだけであなたの印象が変わり、人間関係改善の一歩を踏み出せる事でしょう。

相手からどう思われているかを考え過ぎない

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない

相手からどう思われているかは大なり小なり皆さん気になる事でしょう。
全く気にならないという人も中にはいますが、それはそれで人間関係に問題をきたす事もあります。

例えば、
「今の私の発言、どう思われただろうか?怒らせたんじゃないか?」
「こう言ったら怒られるかな?気分を悪くさせてしまうかな?
と必要以上に考えてしまう人がいます。

相手の気持ちを考えられるのは素晴らしい事です。それはビジネスに活かされる事も多いでしょう。
ですが、いつも人の顔色を伺ってどうやって話したら良いのかを考えるのも心身共に疲れてしまいます。

また、そういった気持ちは相手にも知らず知らずに伝わってしまうもので、相手もあなたに話かけにくくなってしまします。そうするとコミュニケーションをどんどん取らなくなって人間関係も悪いほうへ向かいます。

大切なのは、気にしすぎない事です。相手はあなたが思っているほどあなたの発言を気にしていないものです。少し勇気がいるかもしれませんが少しづつで良いので話かけてみましょう。

また、周囲からの評価に不満を持っていませんか?

「自分はこんなに頑張っているのに・・・」
「どうせ私のことなんか見ていないだろう」
「上司が正当に評価してくれない」

ここで大事なポイントは「評価は他人が決めるもの」という心得です。

やはり、自分はこれだけやったのだから、相応の評価が欲しいと思うのが、人間の当然の心理です。しかし、職場において、その考えのままで仕事をし続けると、どんどん不満が溜まり、悲観的になってしまいます。

評価は、他人がするものだ、と割り切ってしまい、自分の役割を全うすることに集中してみると、意外にも肩の荷が降りて楽になるでしょう。また、その姿勢が周囲からの好感を得られ、人間関係も潤滑に進んで行くのです。

常に笑顔を心がける

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない
「笑顔に勝る武器はない」とよく言われます。笑顔には人を惹きつけ、人を集める効果があります。
思い返せば、人気者の共通点はやっぱり笑顔の素敵な人でした。反対にいつもムスッとしている人は誰も話しかけたくなくなります。

いつも笑顔の人に周りは好意的な印象を受け、プラスの感情を持ちやすくなります。そしてどんどん周りと良好な関係を築いていくのです。また、周りからも助けてもらいやすくなります。

その一方で暗い人には誰も近づかず、みんなマイナスの感情を持ちます。そして、
周りからも攻撃されやすくなってしまいます。

いきなり笑顔が難しい場合は微笑むだけでも印象はグッとよくなるので是非、実践してみてください。

まとめ

職場 人間関係 疲れる 面倒くさい 上手く行かない

職安の人間関係は、疲れるし色んな事を影で言われたりもして面倒くさい事も多いですよね。しかし、あなたの気持ちや行動次第で状況は変えられます。

ポイントは、

・積極的にコミュニケーションを取る
・元気に挨拶をする
・笑顔を心がける

です。いきなり全部するのは難しいでしょうから、1つずつ徐々にトライしてみてください。

皆さんが、職場での辛い人間関係を克服し毎日楽しく仕事が出来るようになるように応援しています!

 

👇LINE追加お願いしますウインク
友だち追加
スポンサーリンク
LINE公式
友だち追加
SNSフォローボタン
\Follow me/
スポンサーリンク
人間関係仕事
ちぃ~癒しと幸せの占い師~
    タイトルとURLをコピーしました