最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!恋に効くコラム

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

最近、急に彼氏の態度が冷たくなったと感じたことはありませんか?

つき合っている期間が長くなってくると、つき合い始めの頃と比べて彼氏の態度を冷たく感じる場面も増えてきます。

今回は、そんな場合の対処法や彼氏が冷たくなった理由について説明していきます。

彼氏の冷たい態度にお悩みの女性の皆様には、きっと参考になると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、彼氏の態度が冷たい!

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法! 

最近、彼氏の態度が冷たくなったと感じることってありますよね。つき合っている期間が長くなると、つき合い始めの頃と比べて彼氏の態度を冷たく感じることも増えてきます。

ポジティブに考えれば、彼氏が素の自分を出してくれるようになったと思えることもありますが、多くの場合は、別れを告げられる前触れではないかと心配になってしまうと思います。

今回は、そんな場合の対処法や彼氏が冷たい態度をとる理由について説明していきます。彼氏の冷たい態度にお悩みの女性はぜひ参考にしていただければと思います。

冷めた対応をされれば、当然つらい思いをします。まずは、どうしてそのような態度を彼氏が取るのかを一緒に考えましょう!

冷たい態度のその理由

つき合い始めの頃はいつも連絡を取り合って、毎日をラブラブな感じで過ごしていても、彼氏の態度が急に冷たくなり、連絡も少なくなってくるととても寂しい気持ちになりますよね。

そんな場合でも、女性の心理と男性の心理は異なるものであるということを理解しておけば、別れを心配して必要以上に落ち込むこともなくなります。

まずは、彼氏の冷めた態度にはなんらかの理由があるいうことを理解しておく必要があります。

恋愛に疲れたといったネガティブな理由もあるかもしれませんが、あなたのことを信頼できたからあえて態度で示す必要がないと思いだしたという信頼からくる理由もあります。

男性は、言葉よりも態度で表すことが多く、そのことが彼氏の心を理解することを難しくしているのです。

また、冷たくされた当事者になると、どうしてもその態度をポジティブに捉えることは困難で、女性にとっては悩みの種になってしまいます。

恋愛曲線は女性と男性で形が異なる

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

恋愛曲線という言葉はご存知でしょうか?恋愛における、気持ちの盛り上がりを曲線で示したものが恋愛曲線と呼ばれています。

大好きな感情が膨らんでいる時は、恋愛曲線が上向きに上っていき、反対に、好きという感情が薄まっていく場面では、恋愛曲線は下向きになります。

この恋愛曲線は、男性と女性では違う動きを見せます。

男性の場合は、つき合い始めの頃に恋愛曲線が上向きのピークを向かえ、その後徐々に降下していき、ある一定のラインで変化がなくなり横一直線になるというのが一般的な形です。

一方、女性の恋愛曲線は、つき合い始めた時点から少しずつ上向きに上昇していくという形が一般的です。

このことから分かるように、女性はつき合っている期間を通して、彼氏のことが気になったり、好きという気持ちが大きくなったりしていくものなのです。

こういった、男性と女性の心理の違いを理解しておくことにより、彼氏に冷たい態度を取られた場合でもある程度冷静に受け止めることができるようになります。また、そのことは、彼氏の本当の気持ちを理解することにも役立つはずです。

しかしながら、彼氏が冷めた態度をとるようになったときは、恋愛に疲れ、別れを考えているといった場合もありえます。

それを見分けるためにも、しっかりと男性の心理を理解していくことが必要です。

冷たい態度をとる男性の心理

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

ここからは、冷たい態度をとる男性がどんな心理状態にあるのかを説明していきます。

彼氏の冷たい態度に悩んでいる女性、冷たい態度の理由が知りたいと思っている女性は、その手がかりを得ることができるかもしれません。

あなたへの信頼

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

彼氏の態度が冷たく感じる場合、それはあなたのことを信頼できる彼女だと思いだしたことが理由かもしれません。

先ほど恋愛曲線で説明したように、男性の気持ちが盛り上がるピークはつき合い始めた頃です。

つき合うまでの期間は、あなたを手に入れたいと思っているので、つき合った後はその気持ちは段々と薄れて安心感に変わっていきます。

ですので、冷たい態度を彼氏にとられたからといって、必ずしも別れを考えているということではありませんので落ち込み過ぎないようにしましょう。

例えは、あなたも家族に毎日連絡をとって愛情を表現するといったことはありませんよね。

それと同じことで、彼氏もあなたのことを家族のように信頼し始めたという態度が、冷たく感じられているだけということはよくあります。

冷たい態度をとられた場合は、しっかりとその理由を探っていくことが大切です。

恋愛への疲れ

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

恋愛に疲れたというのが、次に考えられる理由です。

特に、あなたの束縛が厳しい場合や、嫉妬心が強い場合は、彼氏が恋愛に疲れてしまっている可能性が高いです。

冷たい態度が、恋愛への疲れの裏返しだといわれれば、理解は難しくないと思います。

男性の場合は、そういったことを言葉で女性に伝えるのは得意ではないため、態度に出てしまうことが多くあります。

冷たい態度は信頼の証という可能性もありますが、恋愛への疲れの表れである可能性もあるので、やはり不安になってしまいますね。

自分の時間が大切

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

また、彼氏の態度が冷たくなった理由のひとつとしては、彼氏が趣味や仕事など自分の時間を大切にしたいと思っているということもあります。

彼氏の年代や時期によって、仕事が忙しくなる時は必ず訪れます。また、友達優先といった時期もあります。

仕事などの自分の友達を大切にしている彼氏であれば、冷たい態度をとられてしまうことは避けられません。

彼氏の大切にしていることに口出ししすぎるのも良くないかもしれませんが、何を大切に思っているのかや、仕事の忙しさなどを前もって聞いておくと良いかもしれません。

そういったやりとりをしておけば彼氏への信頼に繋がり、冷たい態度にもそれなりの理由があると思えるようになります。

別れを考えている

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法! 

冷たい態度をとる最悪の理由は、彼氏が恋愛に疲れ、別れを考えているサインである場合です。

あなたや彼氏のタイプにより判断ポイントは違ってきますが、彼氏への依存が強く、束縛がきつくなってしまっている場合には、彼氏が別れを考えてしまう可能性が高くなります。

冷たい態度をとられるようになったと思ったら、これまでのつき合い方を思い返してみて、彼氏の求める恋愛観とズレがないか確認してみましょう。

ここまで説明してきたように、彼氏の冷たい態度は、ポジティブなサインの場合もあり得ますが、別れを考えているといったネガティブなサインである場合もあります。

彼氏の態度を冷たく感じた場合のチェック項目

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

そもそも、彼氏の態度が冷たいという状況がどのような場面なのか整理していきます。

以下の場面に心当たりがある方は、冷たい態度をとられていると自覚した方が良いと思われます。

返信が以前と比べ遅くなる

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

ラインなどの返信が遅くなると言うのは、一番分かりやすい状況だと思います。

つき合い始めの頃は毎日連絡を取り合い、返信もすぐに返ってきていたのに、長くつき合う内に返信が遅くなったり、酷い場合は未読スルーなどまともに返信が来なかったりすることもよくあります。

数日間連絡が付かないことがあったりすると、つき合い始めた頃を思い出して辛い思いをするかもしれません。

しかしながら、返信が遅くなったからといって、直ちに別れを心配したり、必要以上に辛い思いをしたりすることはありません。

まずは、しっかりと彼氏の様子や行動を確認するようにしましょう。

デートの回数が少なくなる

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

彼氏の態度が冷めていると感じる理由には、デートの回数が少なくなったというものもあります。

彼氏としても、普通に考えればあなたといつも一緒にいたいと感じているはずです。

それにもかかわらず、デートの回数が減ってしまうということは、なにかしらの理由があると想像されます。

仕事が忙しく一緒にすごす時間を作ることができないこともあるでしょうし、あなたとの恋愛に疲れ、別れを考えている可能性あります。

どちらの場合にしても、寂しさからしつこく連絡を入れ続けることは逆効果です。

別に恋愛に疲れた場合でなくても、あなたから連絡が鳴り止まないような状況になれば彼氏は引いてしまうでしょう。

寂しい気持ちは当然ですが、それをコントロールしていくことが必要です。

会話に興味を持ってもらえない

一緒に過ごしている時に色々な話をしても、気持ちの入っていない単純な返事しかもらえないときも、彼氏の態度を冷たく感じますよね。

色々なタイプの彼氏がいるとは思いますが、女性としては男性に引っ張っていってもらえるほうが嬉しいと思います。

ふたりの間の信頼関係を高めるためには、会話によるコミュニケーションは欠かせません。

それなのに、あなただけが一方的に話をして、一方的な会話になっている場合はどうしても寂しく感じてしまいますよね。

そんなとき、話を聞いてるのか彼氏を責め立てるより、上手く会話を組み立てて彼氏が話しやすい状況を作ることを意識して会話を進めましょう。

例えば、彼氏が興味を持っている趣味のことやプライベートのことについて話をすれば、あなたの話に興味がわいて、自ら進んで話をしてくれるかもしれません。

話の最中でもスマホを触る

話の最中にスマホを触れると内心腹が立ちますよね。

今まではそんなことなかったのに、最近そういう姿が目立つようになった場合は、余計にイライラすると思います。

彼氏にはなんの悪気もないのでしょうが、された側からすれば冷たい態度だと感じますよね。

ほとんどの場合では、話の最中にスマホを触っていたからと言って、別にあなたに疲れたり飽きたりしたわけではありません。

それよりも、自然体の自分をあなたの前でさらけ出すことができるようになっと考えられます。

話の最中でスマホを触る彼氏には、優しく話を聞いて欲しいなって伝えてみましょう。

間違いなく、彼氏はスマホを置いてあなたの話に耳を傾けてくれるはずです。

約束を守ってもらえない

約束を破られるとかなり傷つきますよね。

1回なら、単純な間違いだとすますことも可能かもしれませんが、何度も何度も続くようでしたさすがに寂しい気持ちになりますよね。

仕事が忙しかったり、悩みを抱えていたりする場合は、あなたのことよりも彼氏自身のことばかり考え優先されてしまうことも多くなります。

約束を破られるのも辛いですが、彼氏のことも考えてサポートしていってあげられればふたりの絆も深まるでしょう。

積極的に自分からなにもしてくれない

以前は、デートのプランなどを彼氏が考えてくれていたのに、そういったことがなくなり、自分からはなにもしてくれなくなると、寂しく感じてしまいますよね。

つき合い始めの頃であれば、女性を自分ものにしたいという欲求から、男性は自分が良く見えるように色々と努力をします。

しかしながら、長い間つきあっていると、無理せず自然な姿を見せても大丈夫と考えるようになるのです。

彼氏につき合い始めの頃のように色々積極的に行動してもらいたい場合は、ストレートにそのことを伝えるべきです。

彼氏にとっては悪気のある行動ではありませんが、女性にとっては積極的に行動してもらえなくなることは冷たく感じるものです。

色々な変化に鈍感になる

普段と違った服装でデートにいっても、全く彼氏が気づいてくれないとき、私に興味がなくなったと辛い思いをすることがあるかと思います。

わずかな変化に気づいてくれない鈍感な態度を、冷たく受け取ってしまいます。

しかしながら、その程度であれば、必要以上に心配することはありません。

それよりも、その態度に我慢できなくなり、感情を爆発させたりしないように注意することが大切です。

あまり笑わなくなった

笑顔が素敵だった彼氏があまり笑わなくなってしまったら、冷たくされたと思ってしまうでしょう。

楽しい話をしていても笑わなくなったり、気を使ってくれなくなってしまったりした時は、そのように感じてしまっても無理はありません。

笑わなくなった理由は、恋愛への疲れかもしれません。

しかしながら、焦って必要以上に関わろうとしてしまうと、逆に気持ちが離れていってしまうこともあるので要注意です。

身だしなみに気を遣わなくなった

それまで、あなたの好みに合わせてヘアスタイルや服装を整えてくれていた彼氏が、突然身だしなみに気を遣わなくなったら、自分は飽きられてしまったのかなと寂しく感じることもあります。

そんなときは、彼氏が素の自分を出すようになってくれたと考えることで、必要以上に落ち込むことがなくなります。

男性が冷たい態度をとるときの9つの対処法

ここからは、冷たい態度をとる彼氏への対処法を説明していきます。

距離をとる

彼氏の態度が冷たくなってしまったのであれば、同じようにあなたも彼氏から距離をとってみるのも一つです。

彼氏の冷たい態度には、なんらかの理由があります。

恋愛に疲れ、あなたとの別れを考えていることもありますし、反対にあなたへの信頼の証ということもあります。

どちらの場合であっても、必要以上に関わるとそのこと自体が負担に思われ、余計に悪い方向に進んでしまう可能性があります。

彼氏の態度が冷たくなったと感じたら、まずは距離をとってみましょう。

自分自身の行動を思い返す

自分自身に彼氏の冷たい態度の原因がなかったか、その行動を思い返してみるのも有効です、

悪気なく、彼氏が気分を害することを言っていたのかもしれませんし、無意識にあなたの方が冷めた態度で接していたのかもしれません。

彼氏の態度がつめたく感じたら、自分の行動に問題がなかったか思い返してみることは大切です。

自分の悪いところは反省する

自分の行動を思い返し、問題点があれば、そこを改善していきましょう。

あなたが変わろうと努力しなければ、彼氏が変わってくれることはありません。

無意識に彼氏のことを束縛してしまっていたかもしれません。

自分の反省点を見つけるのは難しいことですし、時間も必要になります。

しかしながら、反省点を見つけ、それを改善することにより自分を磨くことができれば、あなたの魅力を高めることに繋がります。

冷たい態度の理由を彼氏に聞く

自分の行動を思い返してみても、問題点が見つからなかったときは、冷たい態度をとる理由を直接彼氏に聞いてみるのも一つの方法です。

この場合の注意点は、しつこく問い詰めたり、高圧的な態度で質問したりしないことです。

喧嘩になり、かえって逆効果になるのは目に見えています。

理由を聞くときは、優しい口調で何が困ったことがあったのか、直して欲しいところがあるのかなどを聞くようにしましょう。

いつまでも冷たい態度の理由が分からないままだと、あなたが参ってしまいます。

直接彼氏に理由をきいてみるのも、効果的な方法です。

共通の友達に相談をする

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

困ったときに一番いい方法は、共通の友だちに相談をするということです。

彼氏の様子を、彼氏に負担をかけずにうかがうことができるので、冷たい態度にお悩みの方は、ぜひこの方法を試してみてください。

彼氏は、仕事が忙しくそれが理由で冷たい態度になってしまっているのかもしれません。

彼氏の実際の様子を知ることができれば、そのあたりを判断することができるかもしれません。

冷たい態度の理由を突き止めるため、共通の友だちへの相談という方法を試してみてください。

充実した日々を過ごす

彼氏と距離を置くことになったら、自分の自由にできる時間が増えたと前向きに考えましょう。

日々の生活を充実させることができれば、自分磨きにもつながり、結果として彼氏が振り向いてくれるようになるでしょう。

新しい趣味やスポーツなどを始めてみるのもいいでしょう。

自分の趣味などに没頭すれば、その間は彼氏のことを思い出さずにすみます。

距離をとることもお勧めと説明したように、冷たい態度をとる彼氏はかまい過ぎない方がいいので、自分の日々の生活を充実させるこの方法は効果的です。

感情を爆発させない

最近、急に彼氏の態度が冷たくなった。そう感じた時の9つの対処方法!

彼氏の冷たい態度に我慢できず、感情を爆発させることは避けましょう。

冷たくされる理由が分からないままだと、次々とネガティブな考えが浮かび、自分は嫌われているんだという思考にとらわれてしまいます。

しかしながら、彼氏は単純に仕事が忙しく、あなたに会いたいのにその時間を作ることができないだけである場合もありますし、単純にあなたのことを信頼して素の自分を出すようになっただけの場合もあります。

そのような場合に感情を爆発させてしまうと、全くの逆効果になってしまいます。これまでの対処法を実践するためにも、イライラするのではなく、まずは落ち着きましょう。

いつもと変わらない態度で接する

彼氏の態度に影響されず、いつもと変わらない態度で接することも対処法の一つです。

先ほど説明したように、男性と女性の心理は異なるものなので、彼氏は悪気なく冷たい態度をとっている場合もあります。

そのような場合には、あなたがいつもと違う行動をするようになれば、彼氏はその理由が理解できず、気持ち悪い女だと思ってしまうことがあります。

彼氏の態度に不安を覚えることは理解できますが、いつもと変わらない態度で接してあげ、彼氏に負担をかけないようにしましょう。

しつこく問い詰めない

彼氏の冷たい態度が気になっても、しつこく問い詰めることはやめておきましょう。

結構、みなさんやりがちかと思いますが、連絡をくれない理由などをしつこく問い詰めてはいけません。

場合によっては、モラハラと捉えられてしまう可能性もあります。

女性には当然のことであっても、男性はそのことを難しく感じていたり、めんどくさいと思っていたりすることも多々あります。

冷たい態度が気になっても、彼氏にはなるべく寄り添ってあげることが大切です。

彼氏の冷たい態度に耐えられなくなったら?

彼氏の冷たい態度に耐えられなくなり、別れを考えることもあると思います。

そんな時は、どうすればいいのでしょうか? 

顔を合わせて話す機会を作る

別れを考えたときは、直接あって話をする機会を作りましょう。

簡単なボタンの掛け違いが、彼氏の冷たい態度の原因になっていることもあります。

その原因をしっかりと確認し、満足していくことが大事です。

ストレートに気持ちを伝える

また、自分の気持ちをストレートに彼氏に伝えることも大切です。

一度別れを考えてしまい、彼氏のことを信用できないと思った時点で、残念ながらもとの関係に戻ることは困難かもしれません。

彼氏へしっかりと自分の気持ちを伝え、けじめをつけることにより、色々と悩む必要もなくなります。

彼氏には別れるつもりがないこともあるので、ハッキリと気持ちを伝えると、スッキリすることもあるかもしれません。

彼氏が冷たい態度をとるようになったきっかけを考えてみる

いつ頃から、彼氏は冷たい態度をとり始めたのでしょうか?

付き合ってから半年たった頃

つき合い始めから半年ぐらい経過すると、お互いに信頼関係が構築され、素の自分を出すことができるようになってきます。

冷たい態度をとるようになったのがこの時期なのであれば、それはあなたへの信頼の証かもしれません。

この場合は、どちらかというと前向きにとらえることと言えるでしょう。

これまで以上の愛情を彼氏に注いでみてはいかがでしょうか。

喧嘩のあと

喧嘩のあとに冷たい態度をとられるのは当然のことだと思います。

なんらかの理由により、彼氏は冷たい態度をとっていると思われます。

喧嘩のあとに冷たい態度をとられる場合は、可能な限り早めに対処するようにしましょう。

しっかりした見極めが大事

彼氏の冷たい態度は、必ずしもあなたのことが嫌いになったという証拠ではありません。

信頼の裏返しのこともあるので、そのような態度をとるようになった前後をしっかりと振り返って、その理由を見極めることが大事です。

 

👇LINE追加お願いしますウインク
友だち追加
スポンサーリンク
LINE公式
友だち追加
SNSフォローボタン
\Follow me/
スポンサーリンク
恋に効くコラム恋愛
ちぃ~癒しと幸せの占い師~
    タイトルとURLをコピーしました