仕事の評価はこうやって上げる!3つのケース別・対処法【働く女性向け】

仕事,評価仕事

仕事,評価

 

働く女性が仕事の評価を上げるためには、「自分の魅せ方を知る」という対処法をとることが一番の近道です。当然ながら、ここでいう「自分を魅せる」とは、仕事の評価を上げるための正当な努力をすることであって、女の武器を使うことではありません。

 

  • 男性の上司に気に入られるために上目使いをする
  • 仕事の評価が下がったら、涙を見せて周囲の同情を誘う

 

こうした小手先のテクニックでは、「仕事で評価されたい」というあなたの悩みを根本的に解決することはできません。

つまり、正当な対処法を知らなければ、あなたの仕事の評価は永遠にそのままになってしまう可能性が高いわけです…。

そこで今回は、3つのケース別に、仕事の評価を上げるための対処法をご紹介!

 

\この記事を読んでわかること/

  • 仕事の評価を上げるための対処法
  • どのように自分を魅せることができれば、仕事の評価が上がるのか

 

\この記事は、こんなあなたにおすすめ/

  • 人の目が気になる
  • 仕事を頑張っても評価されない
  • 苦手な人の対処法がわからない

 

うらやましく思うあの人のように仕事を評価してもらうために、今のあなたに何が足りていないのか。ぜひ3つのケースと照らし合わせながら、本編を読み進めてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

事例&対処法1:仕事のミスが目立って評価が下がる…。

仕事,評価

 

1つ目の事例は、「仕事のミスが目立って評価されない」というもの。働く女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

  • 生理中で仕事の効率が落ちてしまう
  • 家で留守番をさせている子どものことが気がかりで、仕事に集中できない
  • 彼氏や旦那と大喧嘩になり、いけないとわかりつつ仕事に身が入らない

 

「そんなの甘いよ」という批判はさておき、こんな理由から仕事でミスをしてしまうことってありますよね。

でも、ご安心くださいね。仕事のミスが目立って評価が下がってしまうという問題への対処法は、ちゃんとあるのです。

 

\仕事のミスが目立って評価されない問題への対処法/

仕事のミスが目立って評価されないという問題は、「ミスは早い段階でする」という対処法で解決できます。

たとえばあなたが、7日先にひらかれる会議の書類作成を頼まれたとしましょう。この場合、次のように対処してみてください。

 

  • 期日の3~4日前までに作成した書類を提出する

 

つまり、書類作成を頼まれてから3日以内に提出しておくわけです。すると、仮に修正を依頼された場合でも、余裕をもって、ミスをカバーできますよね。

一方、期日直前にミスが発覚してしまうと、最悪、会議当日までに書類を用意できない可能性も…。

会社では、スピード感とクオリティの両方が求められます。だからこそ、ミスを早い段階でカバーできるよう、期日に余裕をもって業務を遂行しましょう。

 

\どうしても!ミスの回数が減らせないあなたに贈る一冊/

どんなに注意していても、ミスしてしまう…。そんなスランプ期にも、ミスを恐れず仕事の評価を上げるためのノウハウを教えてくれる一冊があるんです。著者は、「失敗学」で有名な東大卒の飯野氏。

結果的にミスを無くしていくためのしくみ作りまで丁寧に書かれていますので、一見の価値ありです。

 

 

事例&対処法2:評価にかかわる大事な仕事なのに、結果は残念…。

仕事,評価

 

2つ目の事例は、「評価にかかわる大事な仕事なのに、結果は残念…」というもの。さまざまな要因が重なって、緊張やプレッシャーに負けてしまうことから生じる事例と言えます。

 

  • 上司から“期待の目”で見られ、肝心の仕事に集中できず、結果がふるわない
  • プレゼンのリハーサルでは良い結果が出せたのに、本番で頭が真っ白になり、結果は惨敗…

 

「練習は裏切らない」などと言いますが、プレッシャーのかかる場で結果を出せないのはよくある話。では、評価にかかわる大事な仕事で結果を出せないという問題、どう対処すれば良いのでしょうか?

 

\評価にかかわる大事な仕事で結果を出せない問題への対処法/

評価にかかわる大事な仕事で結果を出せないという問題は、「マインドを変えて運を味方につける」というシンプルな対処法で解決できます。

要は、日頃の考え方ひとつで運を味方につけ、仕事の評価をアップさせることができるという話です。

 

  • 入社3年目なのに、これしかできないなんて…→入社3年で、ここまでできるようになった
  • 周りの目は、プレッシャーになるから嫌だ…→周りに期待してもらえることって、ありがたいな
  • 失敗ばかりする自分は、本当にダメだな…→失敗したぶんだけ、成功へのヒントを掴めるよね

 

このように、思うような結果が出せなかった自分を過小評価するマインドから、「今の自分を認める→結果が及ばなかったことを反省する→次に活かす」というマインドに変えていくのです。

はじめは、本心から自分を認められなくても大丈夫。たとえば、「周りに期待してもらえてありがたいな」と口に出すだけでも構いません。

あなたの発した言葉は徐々に脳に刷り込まれ、「その言葉が本心だ」と思うように。すると、マインドは変わり、評価にかかわる大事な仕事の場でも、リラックスして実力を発揮できるようになります。

 

\マインドを変えて運を味方につける方法を、詳しく知りたいあなたに贈る一冊/

マインドを変える、つまり考え方を変えることは一夜にしてできることではありません。それでも、評価にかかわる大事な仕事の場で結果を出せる自分になりたいとき、この一冊が、あなたのサポート役に。

小さな積み重ねが、やがて大きな成果に繋がる」を体験したいあなたにピッタリ◎。

 

 

事例&対処法3:仕事の評価ばかり気にして疲れてしまう…。

仕事,評価

 

3つ目の事例は、「仕事の評価ばかり気にして疲れてしまう…」というもの。こちらも、周りの目が気になるあなたに起こりがちな事例と言えます。

 

  • 周りに比べて仕事の評価が上がらないと、職場に居づらい
  • 仕事の評価が高い同期と部署が一緒で、いつも自分と比べてしまう
  • どうしても仕事の評価が気になり、目の前の業務が手につかなくなる

 

「他人は他人、自分は自分」なんて言われても、仕事の評価が高い人が周りにいれば、気になってしまうのも無理はありませんよね。この場合、こんな対処法が有効。

 

\仕事の評価ばかり気にして疲れてしまう問題への対処法/

仕事の評価ばかり気にして疲れてしまうという問題には、「カウンセリングを受ける」という対処法があります。カウンセリングといっても、精神科などで行なうような“超本格的”なものではありません。

たとえば、タロットカードで読み解いてもらうような“ライト”なカウンセリングから試してみましょう。仕事の評価ばかり気にしてしまうあなたの心の内側をのぞきつつ、あなたに合った改善策を見出すのです。

 

「タロットカウンセリングなんて、受けても意味あるの?」

「なんだか胡散臭い気がするんだけど…」

 

こんなふうに思われるかもしれませんが、

 

  • タロットカードという、ゲーム性のあるアイテムを使うこと
  • カウンセリングで、あなたの抱えている問題を浮き彫りにすること

 

2つの要素が合わさったタロットカウンセリングは、仕事の評価ばかりを気にしてしまう頭の中を整理し、「目の前の仕事にフォーカスすること」の大切さを楽しく教えてくれます。

 

\もう1歩深く、タロットカウンセリングを知りたいあなたに贈る一冊/

ひょっとすると、「タロットカウンセリング」という言葉自体、あなたには新鮮かもしれません。そこで、もう1歩深くタロットカウンセリングを知ることができる一冊を挙げてみました。

実際にタロットカウンセリングを受けた後で、出たカードの意味を改めて確認したいときにも役に立ってくれます◎。

 

 

まとめ:仕事の評価は「自分の魅せ方」で上げる!

 

結論、仕事の評価は「自分の魅せ方」で上げることができます。ご紹介した3つの対処法は、いずれも仕事で高評価をもらうべく、あなたを上手に魅せるための方法とも言えるのです。

 

  • ミスは早い段階でする→仕事のミスを取り返す→結果的に、高評価GET
  • マインドを変えて運を味方につける→仕事で普段通りの実力を発揮できる→高評価GET
  • カウンセリングを受ける→頭の中をクリアに整理→業務に集中できる→高評価GET

 

3つの対処法は、結果的に仕事で高評価をGETすることにつながっています。ご紹介した本を相棒にしつつ、ぜひ仕事で評価を上げるための対処法を実践していってくださいね!

👇LINE追加お願いしますウインク
友だち追加
タイトルとURLをコピーしました